美容整形とメラノサイトの活性化を防ぐ治療

美容整形外科クリニックでは、外用薬での肌トラブルの改善も行うことができます。


美容整形外科では、あらゆる肌悩みに対処しているため、外用薬や内服薬も、美肌になるための薬を処方してもらうことができます。

美容整形の最新情報を見つけよう。

シミの原因となるメラノサイトの活性化を防ぐ作用のある外用薬も、美容整形外科では処方が可能です。

ハイドロキノンは、メラノサイトの活性化を防ぐ外用薬です。

普通のシミだけではなく、30代以降の女性にも増えてくる肝斑も薄くしていくことのできる医薬品です。
今あるシミだけではなく、これから浮き出てくるシミとか肝斑も予防をします。

使用方法には気をつける必要がありますから、必ず医師の説明を聞いて理解した上で、正しい使い方をすることが大事です。

教えて!gooに関してはこちらのサイトをご覧ください。

シミの中でも肝斑は、少し前までは治療は困難な症状の一つでした。

肝斑は大人世代の肌に出やすい症状であり、両頬や額、それから鼻の下などに左右対称性にうきでてくるシミです。
その症状はまるで地図のようであり、それが肝斑によるシミです。



30代以降での発症が通常のパターンであり、40代以降の女性にもなると、まだ潜んでいる肝斑をいれたら、その数は50%もの女性に見られるものです。
現代医学では科学的な証明はされてはいませんが、太陽の紫外線の影響とともに、女性ホルモンの乱れが関連しているものと考えられています。ハイドロキノンなどの外用薬とともに、肝斑に利用可能なレーザーでの治療を受けることも可能です。